骨の病気にならないために|骨密度を増やすことが大切です

男性女性

骨の健康を守るなら

骨は若い頃はしっかりとしていて健康ですが、加齢とともに弱ってくる傾向にあり、少しの衝撃でも骨折してしまうこともあります。骨密度を増やすためには食事でカルシウムなどの骨に良い成分を摂ることはもちろん、運動も取りいれていきましょう。サプリメントも手軽に成分が取り入れられるので便利です。

婦人

骨粗鬆症にならないために

骨粗鬆症を予防するためには骨密度を増やすことが最も大切なことです。そのためには過度な飲酒や喫煙、暴飲暴食を避け、乳製品やカルシウム豊富な小魚等、積極的に骨密度を増やすための食事、さらに適度な運動をすることが必要です。

女の人

丈夫な骨を保つ秘訣

20歳をピークに減少を始める骨密度を増やすには、バランスの良い栄養素の摂取が必要です。カルシウム・マグネシウム・ビタミンDやK・たんぱく質やイソフラボンも欠かせません。近年研究で明らかになった小豆なども含めバランスよく摂る事が骨密度の低下を防ぐのに役立ちます。

骨粗しょう症を防ぐなら

メンズ

骨を作る成分を補おう

骨粗しょう症になりますと、転倒した場合はもとより、重度の症状では重い物を持っただけでも骨折するとされています。ですから日頃の食事に気を配り、骨密度を増やすことが大切です。骨密度を増やすにはカルシウムをしっかり取ることが重要で、骨粗しょう症の場合は1日1000mgの摂取が理想的とも言われています。しかしカルシウムだけを取りましても、効率的に骨は増えません。そこで、ビタミンDをはじめ、マグネシウムやビタミンKを同時に摂取することが望ましくなっています。ビタミンDは腸管内でカルシウムの吸収効率を高める作用があり、骨密度を増やすには欠かせない栄養素です。さらに骨の形成バランスの調整役も担っていますから、必ず取っておきましょう。マグネシウムは骨を作る骨芽細胞の働きをサポートして、カルシウムが骨に入る量を調整してくれますから、カルシウムが的確に骨へ付くためには外せない栄養素です。ビタミンKは、骨の密度を増やす作用に長けている訳ではありませんが、骨の形成を促す働きを持っています。骨折などの予防にも役立つことが確認されているなど、頼もしい栄養素です。そのほか、骨密度の減りが女性ホルモンの分泌量の低下に由来する場合は、女性ホルモンであるエストロゲンや、それに良く似た働きを持つ大豆イソフラボンなどの栄養素も必要となります。女性ホルモンはカルシウムが骨から抜けることを抑えてくれていますが、閉経などによって女性ホルモンの分泌が低下しますと、それを境に骨粗しょう症に傾くことも少なくありません。このためそれを要因とする際は、女性ホルモンの働きを増やす栄養素も補いましょう。